記事一覧

もしも他ゲームのキャラがポケモントレーナーになったら[東方編]

とあるゲームやってて、このキャラにはどんなポケモンが似合うかな、みたいなことを考えるのは多分誰もがやったことがあると思う公式でそれをやってのけたのが、ポケモン+ノブナガの野望という神ゲー今回筆者が行ったのは、東方projectの登場キャラについてネットを見ていると既にあちこち先客がおり、人によってどのポケモンを誰にあてはめるかはまちまちである筆者がこれを行う上で気を付けたのは①キャラのイメージ最優先②できる...

続きを読む

ニックネームのマイルール

自分のポケモンに自分の好きなニックネーム(以下NN)をつけるのがポケモンの楽しい点の一つであると、僕は思うだが、ネット対戦においてはこのNNは自分も相手も見えない(一時期見えてる時期もあった)このNNが対戦において見えるようになるのは、いわゆるフレ戦においてであるせっかくなら対戦相手にクスッとさせるNNをつけるというのも一興である、と考えるのは自然なことであろう例えば、ガルーラに「ゲンガー」というNNをつけ...

続きを読む

第6世代の振り返り

第7世代まで1か月を切り、第6世代での戦績を振り返ってみることにレートを始めたのは第5世代の終期からで、XYもガンガンレートをやっていたのだが、記録が残っていたのはORASからという(((目標はとりあえず最低でも1700を目指し、最終的には2000まで行けるように徐々に目標を上げていったレート2000入りを達成できたのはシーズン8のみ対戦回数は一シーズン毎に150~350戦ほど・シーズン7ORAS最初のレートシーズンであるが、いまい...

続きを読む