記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第19回富山ポケモンオフ オフレポ

今回はダブルの記録もバッチリとれたため、両方纏めていく
まずはシングル

第19回富山オフシングル

・パーティコンセプト
ポイヒガッサ入りガルガブゲン
ガルガブゲンをポイヒガッサの起点作成に使う
ポイヒガッサで無理な相手を除去、あるいはSを下げて無理矢理起点にする
とある方のブログを参考にした
ごんべえさん「ああ、それって○○○さん?」
T「((((;゚Д゚)))))))」
許可はとってないので一応伏字
調べたらすぐ出るとは思う


・パーティ構築
ガルーラ@メガ石
いじっぱり H132A236B68D6S68
がんせきふうじ けたぐり ひみつのちから ふいうち

†精神力ガルーラ†
ある程度の汎用性を維持しつつ、岩封によって起点作成と起点回避を同時に行える
精神力にするとガル対面で猫だまで怯まない
ただしグロパンガルには弱い
NNは参考元にあやかり「Red Magic
東方紅魔郷ラスボスのスペルカードから

レッドマジック

レッドマジック2

ガブリアス@きあいのタスキ
ようき A252D6S252
がんせきふうじ つるぎのまい じしん げきりん

特に何の変哲もない襷ガブ
パーティにおけるストッパーの役割を持つ
こだわっていないことにより、落ち際に岩封で裏に繋げるという選択肢も増やせるのがこのパーティにおける利点

ゲンガー@メガ石
おくびょう H188D68S252
シャドーボール まもる ほろびのうた みちづれ

どうあがいてもポイヒガッサの起点にできないやつを無理矢理排除する滅びゲンガー
個人的にゲンガー対面で勝率をかなり高められるこのメガゲンガーは気に入っているのだが、より実戦向きだと個人的に思っているのはB振りメガゲンガー
実際このパーティでメガヘラを安定して対処できるやつを増やすためにこのゲンガーもそういう努力値振りにする案もあった

キノガッサ@どくどくだま
ようき H156A28B28D44S252
キノコのほうし みがわり がんせきふうじ きあいパンチ

この構築の肝であるポイヒガッサ
S-1メガゲンガーを抜けるように腕白ではなく陽気で採用
オフの進行に支障を出させないため、処理速度の速くなる気合パンチ
草技を採用しないため、水タイプの処理は他でやる必要がある
NNは相方のガルーラが東方関係のNNなので、こちらもそれ関係でHEALbyDESIRE
東方神霊廟3ボスのスペルカードから

ヒールバイデザイア

ヒールバイデザイア2

ファイアロー@あおぞらプレート
ようき H44A252B4D30S180
つるぎのまい はねやすめ フレアドライブ ブレイブバード

115族抜き抜きまでSを落として残り耐久に振った剣舞アロー
ヘラ等の格闘に圧力をかける
個人的にアタッカーのアローはここまでのSは確保したい
フレドラを採用するならなおさら

ゲッコウガ@ラムのみ
おくびょう H12A6B148C156S188
ねっとう れいとうビーム あくのはどう かげうち

いわゆる信用可能ゲッコウガ
この枠はオフ開始直前まで悩んでいた枠で、ヘラクレセドランへの駒、スカガブへの対策、スイクンへの打点確保などなどいろんなことを詰め込んだ結果、中途半端な結果に
実際この選択は正解ではなかったと思う


・対戦内容

予選1戦目 VSりゅうさん ×
ゲッコウガガルガブ グロスサザンアロー

ゲッコウガ悪波でグロス怯みの爆アドをゲット
しかし後出しサザンを悪波+れいビでも処理できずゲッコウガ落ち
ラストでグロスのアイへでガブが怯んで負け
イーブンイーブン(白目)

予選2戦目 VSつかもちさん ×
ガルガッサゲッコウガ ボルトメタモンガルーラ

威張るボルトからのメタモンで+2ガルーラをコピられてそのまま終了
ゲッコウガを出したターンでガルの秘密に対して影うちでスカしていれば、まだ勝ち目は残っていたかもしれない
これは完全なるプレミ

予選3戦目 VSふきさん ×
ゲッコウガガルガッサ ゲンガーボルトゴーリ

後出しボルトをゲッコウガで上手く処理してオニゴーリを後出しガルで迎え撃つ
「オニゴーリが メガオニゴーリに メガシンカした!」
T「イエアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!?!??!!?」
ガルゲッコウガ2体を持っていかれて、ゲンガーの鬼火がガッサに当たって終了

予選4戦目 VSりうむさん ○
ガルガッサゲッコウガ ボルトゲッコウガゲンガー

後出しゲンガーに岩封が急所に当たったのは完全にズル
そのままガルーラで3タテ
ガルモンはいいぞ(ダイマ)

予選5戦目 VSEXさん ○
ガッサガルアロー バンギパルエルフーン

アンコでガルが秘密固定になりパルの起点となるが、アローでなんとか処理
パーティの面子からメガバンギが来ることを予測し、アローが完全に起点になってしまう前にガッサを後出し
身代わりやガッサへの打点がなかったためにみがきあが成功
試合途中淫夢語録が聞こえるたびにチラチラするEXニキはホモ

予選6戦目 VSシュウさん ×
ガルゲッコウガアロー ヤミラミ火ロトムサザン

ラストガルの不意打ちくらったサザンをゲッコウガがれいビで落とせませんでした(゚∀。)
もう信用可能ゲッコウガは信用しない(゚д゚)、ペッ
ゲッコウガ珠やったなぁ・・・

予選7戦目 VSサイマルさん ×
ゲンガーアローガッサ ボルトクレッフィメタモン

威張るクレッフィからのメタモンで+2アローをコピられてそのまま終了
あれこれ2戦目とほぼ同じでは?
同じ負け方するあたり明らかに思慮が足りてなかった
ガッサ襷やったなぁ・・・


続いてダブル

第19回富山オフダブル

・パーティコンセプト
サーナイト入り雨滅び
めんどいポケモンを問答無用で消せるのが強い(小並感)と思ったのと、使用経験のある雨パとの組み合わせ
あれこれ北陸オフとほぼ同じ流れでは?
これもとある方のブログを参考にした
くろかみさん「あれなんかこのパーティ見たことある」
T「((((;゚Д゚)))))))」
許可はとってないので(ry
ただ、参考元は勝ち筋を残すために運ゲを仕掛ける要素があるが、僕は運が無いのでそういうことはしてない


・パーティ構築
ニョロトノ@ソクノのみ
なまいき H252B132D124(最遅)
ねっとう れいとうビーム まもる ほろびのうた

雨始動要因にして滅び要因
ルンパ無しのピンで出すことも多い
れいビはパーティ全体で薄めのマンダ意識で採用

ルンパッパ@とつげきチョッキ
ひかえめ C252D6S252
ねっとう れいとうビーム ギガドレイン ねこだまし

い  つ  も  の

ゲンガー@メガ石
おくびょう H188B20C44D6S252
シャドーボール まもる みがわり ほろびのうた

滅び要因にして影ぶみ要因
ゲンガーミラーを意識し最速
みがわりは全然使わなかったから金縛りでもいいかも

サーナイト@メガ石
ひかえめ H124B52C80S252(めざ地個体)
ふういん まもる サイコキネシス ハイパーボイス

北陸オフのと同じ個体
パーティ全体で弱いスキンハイボぶっぱマンを無力化するために封印を採用
サナバレルを1体で圧力をかけられるのは強い
最速をとるよりも火力を優先させた

ズルズキン@ラムのみ
ゆうかん H252A156B44D52余り6(最遅)
ねこだまし まもる はたきおとす ドレインパンチ

威嚇+猫だま要因
ある程度の耐久を確保しつつ、相手に負担をかけられるようにA振り
主に影ふみから逃げられるゴーストタイプの迅速な処理を目指す
そのため、鬼火をくらっても復帰できるラムのみを採用

ゴチルゼル@オボンのみ
のんき H252B156D100(最遅)
10まんボルト まもる リフレクター トリックルーム

影ふみ要因
リフレクはあると便利
挑発されても打点が確保できるように攻撃技を採用し、アローやギャラを意識した10万採用


・対戦内容

予選1戦目 VSごんべえさん ○
サナズキントノルンパ ガルヤミラミランドドラン

初手ヤミラミの鬼火をズキンが避けたのはズル
ただ後出しルンパにランドの蜻蛉急所で入ったからイーブンだよ(゚∀゚)
影ふみ要因を採用しなかったしルンパは出落ちしたので、サナによる力押しで勝利

予選2戦目 VSランナバウトさん ×
トノズキンルンパゴチル ドリュマンダバンギトドン

トノが雪崩で怯んだりゴチルが地震急所にもらったりと、ポケモン乱数委員会に訴えるレベル
ただそれを差し引いても終始ランナバウトさん優勢で場が動いていたため、かなりつらかった
呼び水の効果忘れてた?知らんな

予選3戦目 VSサイマルさん ×
ゲンガーズキントノルンパ マンダニンフポリZブシン

怒涛の超火力を受けきれずにゴリ押しされた
サイマルさんといえば破壊光線ギガインパクトという印象が強かったため、ニンフを見てもサナを入れられなかった

予選4戦目 VS逆毛さん ×
トノズキンゲンガーゴチル ゲンガーエルフーンマリルリノオー

金縛りアンコ初見で見事に嵌められました\(^o^)/
というかゲンガーが見えているときに滅びうつのは完全に沼プすぎた

予選5戦目 VSれいさん ○
サナズキントノルンパ リザバレルランドマリルリ

日照りと雨の天候の取り合いを制し勝利
雨がまともに働いて勝利したのは久々な気がする←

予選6戦目 VSRyou2さん ○
サナズキントノゴチル ボルトガルランドバレル

ガルをサナズキンで処理後バレルドランを滅びで嵌め
残ったボルトをトリルでS逆転状態で迎え撃って完全勝利
4 - 0

予選7戦目 VS瑞穂さん ○
サナズキントノゴチル ボルトガルミロサザン

前試合同様ガルをサナズキンで処理後、ボルトサザンをさらにズキンが処理
T「ズキン強いー↑↑」
残ったミロを滅びで嵌めて完全勝利
4 - 0

準々決勝 VSつかもちさん ×
サナズキントノゴチル ガルサザンピッピドラン

前試合のように上手くいかず、ガルピッピの流れを決められてしまう
サナの準速を過信し、ガルーラに上を取られて落とされ、ガルへの対抗手段が無くなる
その後ゴチルのリフレクやトリルで抗うも、ピッピが最後まで仕事をし続け、突破できずに終了

富山オフ決勝トーナメント


マルチ
れいさんと組むことに
T「ダブル個体を適当に持ってきました」
れいさん「これは・・・」
T「・・・どうやってパーティ組むんだこれ( ^ω^ ;)」
あまりにも寄せ集めすぎてパーティを組めない事案が発生
とりあえずスタンスとしては、晴れと霰のW天候でいくことに

1回戦 VSくろかみ・ごんべえペア ○
ボルト入りCHALK×2
れいさん「ネタだろこれwwwww」
T「こんなん笑うしかないやんwwwww」
リザのめざ地がドランにぶっささりだったり、ウインディのバクアで瞑想クレセが置物になったりと、かなり有利な試合展開ができた

準決勝 VSそうち・りゅうペア ×
オオスバメの追い風を無考慮だったり、ゴウカザルの前でサナが守るなどプレミをしまくってしまった
れいさんは「どんな人でもミスはする、それが今回だっただけのこと」と言ってくれたが、自分としてはかなり悔しいミスだった


最終結果
シングル部門 予選落ち
ダブル部門 ベスト8
マルチ部門 ベスト4
総合 11位

富山オフ総合成績


・2次会
タプヲ。さんから北陸3県対抗オフを提案され、皆「いいね!」
誰か開きませんかお願いします
とりあえず富山勢のシングル代表の候補として僕とがれきんさんが浮上
タプヲ。さん「ああでもレート2100常駐の人が富山に―」
がれきんさん「じゃあ僕いなくていいですね(着席)」
T「僕もいらないですね(着席)」
実際ごんべえさん、りゅうさん、とるそんさん、ASさんあたりを相手取るのは震える
ダブルはサイマルさん、れいさん、EXさんが浮上
さらに北陸シングルフェスタの開催希望も・・・
やるなら出たい
そしてまたも始まる人狼
皆ほんと好きですね人狼
オフの合間にもやってたけど、僕はちょうど対戦中で参加できなかったのでここで参加
リプレイは後日


・感想
シングルの方は今回ダメダメだった
パーティの理解度が足りなかったのが主な原因だと思う
というのも、今回のパーティにはこだわり持ちや珠持ちがいないことからもわかる通り、パーティ全体で火力が控え目である
言い換えるなら、負担をかけづらいのが難点である
ポイヒガッサの一貫、あるいは裏選出による対応がしっかりとできなかったことは、参考元のパーティをしっかりと理解しておらず、明確な勝ち筋をイメージしきれなかったということだと思う
一方、ダブルの方は今回いい成績を残しており、参考元から崩した型にしたこともしっかり考察した上でのことだと思っている
予選後半からは残ポケを意識した戦いを心掛けた結果、4-0を2連続で成し遂げてまさかの予選1位抜けだった
さらに上に行くにはあと一歩足りない
あと、ダブルの3決前に
T(あれ、サイマルさんとれいさんが3決と決勝に出て、今回はEXさんが途中退席・・・実況する人いねぇ!)
というわけで、3決と決勝の試合の実況をりうむさんと共に僭越ながらやらせてもらった
解説はりうむさんに丸投げ
3決でちょっといらないことを喋り過ぎたので、決勝では抑え気味にするも今度は無言タイムができてしまう
実況って難しいね
マルチの方は、パーティ構築がギリギリだったり、プレミ連発したりとほんと散々だった
相方に土下座するレベル
とにもかくにも、第6世代最後のオフだったということで感慨深いものがある
レートが終了して久しいが、そこからもポケモンをし続けられているのは本当に嬉しいことだと思う
さあ、残るはあと一つ


・余談
(3連麻痺バグで動かないガルを見て)
T「ちょっとぉ~↑↑」
???「Tさんなんかテンションすごいですねw」
ふきさん「彼はいつもこんな感じだよ?」
そうです

れいさん「ブヒアニメを見ないのは人生の7~8割損してますよ」
とりあえずNEW GAME観ます(最近終わった)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。